土地を持つメリット
 

一戸建て住宅を取得するというのは、同時に土地を所有するということにもなります。土地の所有権も所有することになる一戸建て住宅の購入は、将来の建て替えだけでなく、その一戸建て住宅の売買、さらには賃貸など様々な使用用途に使うことが出来ます。また、子どもに資産として残しておくことが出来るため、相続にも使えるなどのフレキシブルな対応を取ることが出来ます。

また、土地を持っていることで、敷地内に駐車場スペースが確保出来るということも一戸建て住宅の魅力でしょう。都会はもちろん、田舎は車の重要度が高いため、このように駐車場のスペースを確保することが大切な問題になることもあります。また、土地を持っていることで、賃貸ではなかなか難しい庭を持つということも可能となります。庭を持つことでガーデニングや家庭菜園なども楽しめますし、ペットを屋外で飼育することも楽しめます。このように、庭を持っていることでライフスタイルが多様化するため、一戸建て住宅を選ぶという人もいるようです。

土地を持つことによる利用度の高さや資産価値の所有が一戸建て住宅の魅力として挙げられることがあります。土地を持っていることで安心感を感じる場合には、一戸建て住宅を選ぶべきなのかもしれません。