修繕について
 

マンションで生活をしていると、修繕積立金や管理費が毎月かかります。そのうえ、駐車場を使用するのにもお金がかかることがあるため、そのためのコストが積み重なってしまうストレスを感じるという人もいるようです。一方一戸建て住宅には管理費や修繕積立金がかかりません。そのため、コスト面で優遇されていると感じるとの声も聞かれます。

しかし、一戸建て住宅は管理費や修繕積立金、駐車場代がかからないという反面、その維持管理を自分で行わなければなりません。修繕積立をしっかりと行わなければ、家の耐久力が弱くなってしまうかもしれません。そのため、修繕積立金を毎月貯めておくことでそのリスクを下げることに繋がります。

一戸建て住宅の修繕は、およそ10年で屋根や外壁の塗装工事や防水工事が必要になります。そのため、配管や各設備などに対してメンテナンスを行わなければなりません。一戸建て住宅の経年劣化には注意が必要です。定期的なメンテナンスを施すためには、費用が必要となります。そのため、マンションと同じように毎月維持管理費を準備しておく必要性があります。とはいえ、毎月強制的に費用として発生するものではないため、自分のペースで進めていくことができます。